« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

What a day for a picnic !

Rain1

昨日にひきつづき、水玉気分なイラスト。

雨だってピクニックにいっちゃう女の子。
たぶん空をとんで、雲の上でピクニックするから平気なんです。

2011年5月30日 (月)

Do you want...

Love

今日の気分で描いた絵です。

雨なので水玉な気分なのですrain


昨日から「ルナルナ女性の医学」でダイエット管理することにハマりました。
カロリー計算と運動を入力するのが楽しい!
目にみえると楽しく続けられそうですnotes

2011年5月23日 (月)

個展作品紹介「Happy Birthday to You」

Rikko_ongaku10

「Happy Birthday to You」(アメリカ)

アメリカ人のヒル姉妹が作詞・作曲した「Good Morning to All」(1893年)の曲が元となっている。
各国語に翻訳されているが、英語が公用語でない国であっても地域によっては英語で歌うこともある。
1920年前後に現在一般的に知られている歌詞が作詞されたとされているが詳しい時期や作者は不明である。

その後、この現在の歌詞を2番とした Good Morning to All を含むソングブックが1924年に出版された。これが現存する Happy Birthday to You の最も古い公式文献である。
それがHill姉妹の作曲したメロディと統合され公の場に出されている。
世界で一番歌われている歌としてギネス・ワールド・レコーズに載っている。
1962年にマリリン・モンローがケネディ大統領の誕生祝いでこの歌を歌ったのは有名である。

======================================================

こんなバースデーパーティーだったら楽しいな!
と色々想像しながら楽しくイラストを描きました。

======================================================

Happy birthday to you,

Happy birthday to you,

Happy birthday,

dear [お祝いする人の名前],

Happy birthday to you.


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月22日 (日)

個展作品紹介「一週間」

Rikko_ongaku9

「一週間 -НЕДЕЛЬКА-」(ロシア民謡)

楽団カチューシャの訳詞で有名なロシア民謡「一週間」。
原曲を見てみると、ほぼ日本語の歌詞通りであるものの、部分的に若干の違いがあるようだ。
例えば、市場から買ってきたのは原曲では糸ではなく「糸巻き棒」だったり、
月曜日に炊いた「お風呂」が「蒸し風呂」だったり、
水曜日に来たのが「ともだち」ではなく「恋人」だったり。

日本語版では土曜日に「おしゃべりばかり」したはずの
ところが、ロシア語の原曲では「故人への想いを皆で語り合う」という何とも殊勝な振る舞いになっている。

======================================================

子どもの頃にこの曲を歌いながら、「ロシアの人は働かないんだな...」なんて思っていましたが、
原曲ではおしゃべりばかりしていたわけではなく先祖をうやまう誠実な女性だったようですね。
原曲を知って、一週間という歌に親近感を感じました。
ということで、原曲の歌詞のストーリーと、ロシアをイメージしてイラストを描きました。
他のイラストとは雰囲気が違いますが、自分ではとっても気に入っています。

======================================================

日本語の歌詞
< 楽団カチューシャ訳詞・橋本晃一編曲 >

日曜日に 市場へでかけ
糸と麻(あさ)を 買ってきた
※ テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

月曜日に おふろをたいて
火曜日は おふろにはいり
※ くりかえし

水曜日に ともだちが来て
木曜日は 送っていった
※ くりかえし

金曜日は 糸まきもせず
土曜日は おしゃべりばかり
※ くりかえし

ともだちよ これが私の
一週間の 仕事です
※ くりかえし

======================================================

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)

日曜日に市場へ行って
紡錘(糸巻きの心棒)と麻を買ってきた
※ テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

月曜日に蒸し風呂を炊いて
火曜日に蒸し風呂に入った
※ くりかえし

水曜日に愛する貴方を出迎え
木曜日に見送った
※ くりかえし

金曜日は糸巻きはせずに
土曜日は皆で故人への良き想いを語り合う
※ くりかえし

私の愛しいエメリカよ
こんな風に私は一週間働き続けていたの
※ くりかえし


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月21日 (土)

個展作品紹介「ゆかいな牧場」

Rikko_ongaku8

「ゆかいな牧場 -Old MacDonald Had a Farm-」(アメリカ民謡)

いろいろな動物の鳴き声が登場するこの歌は、日本語と英語での動物の鳴き声の表現を比較するのに
とても良い教材であり、歌詞や歌い方には様々なバリエーションがある。

日本では「ゆかいな牧場」として知られており、歌詞の内容はだいたい同じだが、
泣き声は日本語に合わせてあるため、英語の勉強のためには英語のままで歌いたいところ。

======================================================

歌詞の内容はほぼ同じですが、英語では「マクドナルド爺さんの農場」です。
日本語では「いちろうさん」から「ろくろうさん」までいるのがおもしろいですね。
歌詞から伝わる楽しい農場、そして、わたしが思う「マクドナルド爺さん」をイメージして描きました。

======================================================

日本語の歌詞 

いちろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは ひよこ イーアイ イーアイ オー あら
チッチッチッ ほら チッチッチッ あっちもこっちも どこでもチッチッ
いちろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

じろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは あひる イーアイ イーアイ オー あら
クワックワックワッ ほら クワックワックワッ あっちもこっちも どこでもクワックワッ
じろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

さぶろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは しちめん鳥 イーアイ イーアイ オー あら
グルグルグル ほら グルグルグル あっちもこっちも どこでもグルグル
さぶろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

しろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは こぶた イーアイ イーアイ オー あら
オィンオィンオィン ほら オィンオィンオィン あっちもこっちも どこでもオィンオィン
しろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

ごろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは こうし イーアイ イーアイ オー あら
モーモーモー ほら モーモーモー あっちもこっちも どこでもモーモー
ごろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー

ろくろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは ろば イーアイ イーアイ オー あら
ヒーホーホー ほら ヒーホーホー あっちもこっちも どこでもヒーホー
ろくろうさんの 牧場で イーアイ イーアイ オー


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月20日 (金)

個展作品紹介「ロンドン橋」

Rikko_ongaku7

「ロンドン橋 -London Brigde is Falling Down- 」(イギリス民謡)

イングランドの古いマザーグース。
現代のテムズ川にかかるロンドン橋は、建築家のジョン・ウォーレムにより設計された。
1967年から1972年にかけて建築が進められ、エリザベス女王2世により1973年に開設された。

昔のロンドン橋は、12世紀頃に石造りになるまで、洪水や火災で頻繁に消失する歴史を繰り返してきた。
11世紀にはロンドン市街へ攻め込んできたサクソン人等によって橋げたを落とされたこともあったようだ。

歌詞に登場する「My fair lady」は何を意味しているか?
この点については諸説混交だが、テムズ川に流れ込むRiver Leaとする説や、
ロンドン橋建設の成功のために人柱として犠牲になった女性とする説などがあるようだ。

======================================================

歌詞については諸説があり、なんだか怖い背景も
ありそうですが...そこはひとまずおていおいて、
今回のイラストは16世紀頃のロンドン橋で
歌に合わせて楽しく踊っているイメージで描きました。

======================================================

日本語の歌詞

ロンドンばしゃ落ちる 落ちる 落ちる
ロンドンばしゃ落ちる さあどうしましょう

鉄の棒でかけろ かけろ かけろ
鉄の棒でかけろ さあどうしましょう

鉄の棒は曲がる 曲がる 曲がる
鉄の棒は曲がる さあどうしましょう

金と銀でかけろ かけろ かけろ
金と銀でかけろ さあどうしましょう

金と銀は盗まれる 盗まれる 盗まれる
金と銀は盗まれる さあどうしましょう

材木でかけろ かけろ かけろ
材木でかけろ さあどうしましょう

材木は流される 流される 流される
材木は流される さあどうしましょう

石橋かけろ かけろ かけろ
石橋かけろ さあどうしましょう

石ならだいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ
石ならだいじょうぶ そうきめましょう

======================================================

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)
<注:様々な歌詞が存在する。>

ロンドン橋が落ちる 落ちる 落ちる
ロンドン橋が落ちる かわいいお嬢さん

どうやって建てる 建てる 建てる
どうやって建てる かわいいお嬢さん

金と銀で建てる 建てる 建てる
金と銀で建てる かわいいお嬢さん

金も銀もないよ、ないよ、ないよ
金も銀もないよ かわいいお嬢さん

針とピンで建てろ、建てろ、建てろ
針とピンで建てろ かわいいお嬢さん

針とピンは弱い、曲がって、折れる
曲がって、折れる かわいいお嬢さん

土と木で建てろ、建てろ、建てろ
土と木で建てろ かわいいお嬢さん

土と木も弱い、流れて、落ちる
流れて、落ちる かわいいお嬢さん

鉄と鋼で作れ 鉄と鋼で 鉄と鋼で
鉄と鋼で作れ かわいいお嬢さん

鉄と鋼では曲がる 曲がる 曲がる
鉄と鋼ではたわみ曲がる かわいいお嬢さん


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月19日 (木)

個展作品紹介「ぶん ぶん ぶん」

Rikko_ongaku6

「ぶん ぶん ぶん -Bienchen Summ Herum!- 」(ドイツ民謡)

チェコのボヘミア地方の民謡としても紹介されることがある。
作詞は、ドイツ国歌の作詞で知られるH.V.ファラースレーベン(1798~1874)。
メロディーは、ドイツに伝わる古い民謡が用いられたようだ。

チェコ共和国はドイツの東側に隣接しており、ドイツとは国境を隔てて陸続きとなっている。
特にボヘミア地方はドイツ側、つまりチェコ共和国の西部の地方であり、ボヘミア地方はドイツ民謡と
多くの共通点を持っている。

======================================================

原曲のドイツ語、日本語の歌詞、英語の歌詞、
3つとも内容が似ているようで似ていない...。これは困りました!!
ただ、ハチたちが元気に飛び回っている姿はすべての歌詞に共通しているように
わたしには思えたので、かわいいハチの男の子のお話をつくる気持ちでイラストを描きました。

======================================================

日本語の歌詞
「ぶんぶんぶん」

ぶんぶんぶん ハチがとぶ
お池のまわりに 野ばらがさいたよ
ぶんぶんぶん ハチがとぶ

ブンブンブン ハチがとぶ
あさつゆきらきら 野ばらがゆれるよ
ぶんぶんぶん ハチがとぶ

======================================================

英語の歌詞
「Honey Bee」

ミツバチさん、ぼくを刺さないでね。
お父さんを刺してよ、お母さんを刺してよ、
おねえちゃんを刺してよ、お兄ちゃんを刺してよ、
ミツバチさん、ぼくを刺さないでね。

ぶんぶんぶん、君の羽音が聞こえるよ。
小さなハチさん、ぼくが近くにいるときに、
君が歌ってくれたら、ぼくにはちゃんと聞こえるよ、
ぶんぶんぶん、君の羽音が聞こえるよ。

======================================================

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)
「Bienchen Summ Herum!」

ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい
困らせたりしないから
森や野原で飛ぶがいい
ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい

ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい
お花畑でミツや花粉を探しなよ
ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい

ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい
宝物を持ちかえって
たくさん巣作りはげむんだ
ぶんぶんぶん
ハチよこっちに飛んでこい

※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月18日 (水)

フリーマーケット at ひらたタウンセンター

Img_900722_31946952_0 Img_900722_32190363_2

Img_902714_32645099_1 Img_902714_32759888_2_2


山形県酒田市、「平田タウンセンター」で毎月第2日曜日に行われる
フリーマーケットに参加しませんか?


====================================
日 時 : 6月12日(日)10:00~14:00
場 所 : ひらたタウンセンター 晴れ・南広場 雨天・室内パッサージュホール
出店料: 500円
申込み: 当日会場にて
問合せ: NPO法人 ひらた里山の会 電話0234-52-3046(佐藤)

http://ameblo.jp/hirata-sato/

*家庭内で眠っている衣類・アクセサリー・骨董品・贈答品・ゲーム器・おもちゃ
・食器・スキーなどの運動具・季節の農産物・ハンドメイドなど

====================================

事前受付はなく、当日会場へいって出展料を払えばどなたでも参加できます。
(出店場所は早いもの勝ち!)

私は初出展します。
今回は発売中の本のご紹介、イラストの展示、ポストカードなどの紙雑貨の販売を行います。
地元の方にrikkoをしっていただけるとうれしいなあsun

若い人たちにたくさん参加していただけると嬉しいとのことでしたよ。

毎月行っていますので、ぜひ一度遊びにきてみてくださいね。

| コメント (0)

個展作品紹介「メリーさんのひつじ」

Rikko_ongaku5

「メリーさんのひつじ -Mary Had a Little Lamb- 」(アメリカ民謡)

19世紀のアメリカ合衆国に起源を持つマザー・グース。

作者は、子供向け雑誌の編集者であったセイラー・J・ヘイル夫人(1788-1879)とされてる。
ヘイル夫人は、1830年に自分の編集する雑誌『児童文学』上で、自分のイニシャルを付して、『メリーさんの羊』を発表。

歌詞の中で登場するメリーちゃんは実在したのか?
この点については、作者であるヘイル夫人は否定しているが、メリーちゃんは自分の事だと名乗りをあげる同姓の「自称メリーちゃん」が後を絶たなかったようだ。

======================================================

日本語の歌詞よりも、原曲の歌詞はお話になっていて微笑ましいですよね。
そのイメージそのままに、イラストを描きました。

======================================================

日本語の歌詞

メリーさんの羊 メエメエ ひつじ
メリーさんの羊 まっ白ね

どこでもついていく メエメエ ついていく
どこでもついていく かわいいわね

あるとき学校へ 学校へ 学校へ
あるとき学校へ ついて来た

生徒が笑った アハハ アハハ
生徒が笑った それを見て

先生はかんかんに おこって おこって
先生はおこって おいだした

メリーさんは困って 困って 困って
メリーさんはしくしく 泣きだした

======================================================

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)
<注:繰り返しは省略。>

メリーさんは子羊を飼っていました
その毛は白くて、雪のよう

メリーが行くところにはどこにでも
必ず羊はついていきました

ある日 羊はメリーの通う学校へついていきました
でもそれは校則違反でした

子供たちは笑い はやしたてました
学校にやってきた羊を見て

すぐに先生に追い出されましたが
それでも子羊 そばでうろうろ
しんぼうづよく待っていました
メリーが姿をみせるのを

どうして羊さんはそんなにメリーのことが好きなの?
興奮した子供たちは叫びました

それはメリーが羊さんを大好きだからよ
と 先生は答えました


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月17日 (火)

個展作品紹介「10人のインディアン」

Rikko_ongaku4

「10人のインディアン -Ten Little Indians- 」(アメリカ民謡)

アメリカの作曲家セプティマス・ウィナーにより1868年に作詞・作曲された、
ミンストレル・ショー(当時のアメリカで盛んに上映されていた歌と踊りと音楽の舞台劇)向けの曲。
この曲は、1869年にイギリスの作詞家フランク・J・グリーンによって翻案され、
イギリスでは"Ten Little Nigger Boys"というタイトルで発表された。

今日では、マザーグース的な位置付けとして、子供の歌として広く親しまれている。
ちなみに、1939年に出版された推理小説『そして誰もいなくなった』は
イギリス版「Ten Little Nigger Boys」からインスピレーションを受けたイギリスの推理作家アガサ・クリスティが、「Ten LittleNiggers」のタイトルで発表したもの。

======================================================

歌からつたわる元気なインディアンの男の子たちを
イメージして描きました。

======================================================

1人 2人 3人のインディアン

4人 5人 6人のインディアン

7人 8人 9人のインディアン

10人のインディアンボーイ

10人 9人 8人のインディアン

7人 6人 5人のインディアン

4人 3人 2人のインディア

1人のインディアンボーイ


One little, two little, three little Indians

Four little, five little, six little Indians

Seven little, eight little, nine little Indians

Ten little Indian boys.

Ten little, nine little, eight little Indians

Seven little, six little, five little Indians

Four little, three little, two little Indians

One little Indian boy.


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月16日 (月)

個展作品紹介「もりのクマさん」

Imetbear


「もりのクマさん -I Met a Bear- 」(アメリカ民謡)

NHK「みんなのうた」で1972年に初回放送され日本でも広く知られることとなる。
日本語の歌詞では原曲の内容が多少アレンジされており、お嬢さんが落した白い貝殻の小さなイヤリングを拾って届けてくれる心優しいくまさんが描かれている。

英語版も日本語版も、どちらも森の中でクマに出会い、クマにお逃げなさいと薦められる点で大筋では共通点がある。
しかし、主人公は英語版ではおそらく男性、日本語版では女性で、歌詞の後半でクマと主人公が仲良くなるのは日本語版のみのオリジナルストーリー。

無防備な主人公に同情するかのようなアメリカンジョーク的ユーモアを日本語の歌詞に落とし込むのは難しかったようで、クマが「お逃げなさい」といった理由をあえて歌詞の中に埋め込まない方針をとったと思われる。

======================================================

ということで、イラストでは無防備な男の子と女の子が
おそったりする気のなさそうな優しいクマに出会い、
これから仲良くなりそうなイラストにしました。

======================================================

日本語の歌詞
< 馬場祥弘 訳 >

ある日 森の中 熊さんに 出会った
花さく森の道 熊さんに 出会った

熊さんの 言うことにゃ お嬢さん お逃げなさい
スタコラ サッサッサのサ スタコラ
サッサッサのサ

ところが 熊さんが あとから ついてくる
トコトコトコトコと トコトコトコトコと

お嬢さん お待ちなさい ちょっと 落としもの
白い貝がの 小さなイヤリング

アラ 熊さん ありがとう お礼に うたいましょう
ラララ ララララ ラ ラララ ララララ ラ

======================================================

原曲の歌詞・日本語訳(意訳)
<注:様々な歌詞が存在する。>

ある日クマと出くわした
かなりデカい熊に 道の途中で
クマは僕を見て 僕も熊を見た
クマは僕を見定めて 僕も熊を見定めた

クマは言った 「逃げなくて大丈夫?」
「だって君は銃を持っていないみたいだから」
僕はクマに言った「そりゃいい考えだ」
「それじゃ早速逃げるとしよう」

僕は走って逃げ出した
でもすぐ後ろにはあのクマが
道の先には木があった ありがたい

低い枝でも3メートル
運にまかせて大ジャプ
体は宙を舞ったけど
あの枝まではとどかない

心配しないで 機嫌を悪くしないで
倒れかけながらも なんとか枝をつかめたんだ
僕の話はこれでおしまい これ以上は何もないよ
またどこかであのクマに出くわさない限りね


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月15日 (日)

個展作品紹介「大きなくりの木のしたで」

Rikko_ongaku2

2月ににじ画廊さんで始まったrikko個展。
巡回展をさせていただいたMesicaさんでの展示がGWで無事終了しました。

来て頂いたすべてのみなさん、本当にありがとうございました。

今日から、作品の紹介と、それぞれの童謡にまつわるお話をしていこうと思います。

======================================================

「大きなくりの木のしたで -Under the spreading chestnut tree- 」(アメリカ民謡)

イギリス民謡をもとにした童謡。作詞者・作曲者ともに不詳。
ヤロミール・ヴァインベルゲルの編曲(1939年)が知られている。

日本語詞の1番の訳詞者は不詳(平多正於とする説がある)。
2番・3番の訳詞者は阪田寛夫。

アメリカでボーイスカウトの歌として広まった曲(スカウトソング)。
ジェスチャーをつけて体を動かして遊ぶのによく用いられるレクリエーションソングだ。
日本では、NHKの「うたのおじさん」で知られる友竹正則によって広められた。

日本語の歌詞の内容は英語の原曲とほぼ同じ。

======================================================

子ども達が仲良く木の下で
遊んでいるのどかなイメージで描きました。

======================================================

大きな栗の木の下で あなたとわたし
なかよく遊びましょう
大きな栗の木の下で

大きな栗の木の下で お話しましょう
みんなで輪になって
大きな栗の木の下で

大きな栗の木の下で 大きな夢を
大きく育てましょう
大きな栗の木の下で


Under the spreading chestnut tree
There we sit both you and me
Oh how happy we will be
Under the spreading chestnut tree.


※ 参考文献
世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM
Wikipedia

2011年5月 9日 (月)

Musetteさんに納品しました

110509

かなりお久しぶりの納品になってしまいましたが...

Musetteさんに個展で制作した新作等を納品しました。
(写真とるの忘れてこれしかありません...)

こちらは楽隊マトマグネットと、ストラップです。
個展の童謡ポストカード、シール、レターセットや絵本たちを納品しました。

近々Musetteさんに届くと思いますので、浜っ子のみなさんどうぞMusetteさんに遊びにきてくださいね〜。

| コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »